こんな症状はありませんか?

  • 発作的に強い不安感に襲われる(時に死の恐怖すら覚える)
  • 動悸、息切れ、冷汗など自律神経症状が急に出現する
  • 多弁になって休む間もなくしゃべり続ける
  • また発作的に不安にならないかと怯え、不安感が持続する
  • 発作が起きた状況、場所を避けて行動する

パニック障害とは

パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(心拍数が増加している状態)、震え、痺れ、息苦しさ、胸部の不快感、冷や汗、めまいといった身体的な異常に加えて、「このまま死んでしまうのではないか」と思うほどの強い不安感に襲われる疾患です。

この発作は、「パニック発作」と言われ、多くは20~30分くらい、長くても1時間以内には治まることがほとんどです。パニック障害は、検査をしても身体的な異常が見当たらないのに、こうした発作を繰り返す点が特徴的です。

「予期不安」と「広場恐怖」

前記のようなパニック発作を何度も繰り返すうちに、再び発作を起こしたらどうしようかという、パニック発作に対する強い恐怖感や不安感が生まれてきがちです。これを「予期不安」と言います。予期不安は、逃げ場の無いような場所で症状が起きたらどうしよう、発作を他人や大勢の人に見られたら恥ずかしい、といった不安や恐怖を生み、大勢の人が集まる場所などを避けるようになります。これが、「広場恐怖(外出恐怖)」です。

人前に出るのを嫌って閉じこもるようになったりし、予期不安、広場恐怖によって、通常の社会生活が営めなくなります。

パニック障害の治療

パニック障害に対する治療の基本は薬物療法です。抗うつ薬や抗不安薬などが、個々の患者さんの病態に合わせて処方されます。

不適切な考え方や行動を修正していく「認知行動療法」や、不安を和らげるために日本国内で独自に発展した治療法である「森田療法」などの精神療法が併用されることもあります。こうした治療を行いながら、少しずつ行動範囲を広げていくのが一般的な治療の流れになります。

適切な治療を行うことによって多くのケースで症状の改善が得られます。ケースによってはごく少量の薬物治療のみで治療することも十分に可能です。お悩みの方は是非ご相談ください。

クリニック概要

医院名
小竹向原こころのクリニック
診療科目
心療内科・精神科/自立支援
所在地
〒176-0004
練馬区小竹町2-3-1 Grande Kotake 2階
※1階に「ローソン小竹向原店」がありますので、それを目印にお越しください。
電話番号
03-3957-7070

メール予約

最寄り駅
東京メトロ有楽町線・副都心線、 西武有楽町線
「小竹向原駅」4番出口徒歩1分
西武池袋線「江古田駅」徒歩13分
東京メトロ有楽町線「千川駅」徒歩14分
診療時間
  日祝
AM (10:00-13:00)
PM (14:30-19:00)

※土曜日のみ、10:00-15:00
休診日:木曜日、日曜日、祝日

ACCESSMAP
ACCESSMAP